[不動産ニュース]平成世代は住宅探しでもSNS映えを重視/(独)都市再生機構(UR都市機構) | 横浜市都筑区周辺の不動産をお探しなら大健商事株式会社にお任せ下さい。

大健商事株式会社

営業時間9:00~18:00 定休日毎週水曜日及び第3木曜日

[不動産ニュース]平成世代は住宅探しでもSNS映えを重視/(独)都市再生機構(UR都市機構)

(独)都市再生機構(UR都市機構)は12日、「平成世代と昭和世代の暮らし意識調査」の結果を発表した。10~50歳代の各年代の男性100人・女性100人、計1,000人が調査対象。調査期間は2月11~13日。
 都会と田舎、どちらに住みたいかを聞いたところ、両世代とも「どちらかと言えば都会」が最多回答に。「都会」回答者も含めると、平成世代では56.8%、昭和世代では55.2%が都会に住みたいと望む結果となった。
 住むまちを決める場合にどんな点を重視するか?では、両世代とも「買物環境が充実」(平成58.0%・昭和62.5%)がトップに。「職場・学校の近く」は平成世代ではがトップと同率(58.0%)で並んだ。昭和世代の2位は、「治安」(54.0%)で、昭和世代では「治安」は3位であった。
 住宅を決める際の重視ポイントについては、平成世代は「家賃/価格」(80.3%)、「間取り」(69.8%)、「広さ」(61.5%)の順、昭和世代は「間取り」(74.0%)、「家賃/価格」(72.3%)、「日当たり」(68.3%)の順となった。
 なお、平成世代は「広さ」「キッチンなどの最新設備の充実」「デザイン性」の項目で昭和世代を5~10ポイント上回り、SNS映えを意識してか、広さやおしゃれさを求める傾向がうかがえた。逆に、昭和世代は「日当たり」や「隣にどんな人が住んでいるか」の項目で平成世代を15ポイント以上上回っている。

投稿日:2019/03/13