[不動産ニュース]民間住宅ローン利用、「変動型」が増加/(独)住宅金融支援機構 | 横浜市都筑区周辺の不動産をお探しなら大健商事株式会社にお任せ下さい。

大健商事株式会社

営業時間9:00~18:00 定休日毎週水曜日及び第3木曜日

[不動産ニュース]民間住宅ローン利用、「変動型」が増加/(独)住宅金融支援機構

(独)住宅金融支援機構はこのほど、2018年度「民間住宅ローン利用者の実態調査」における“民間住宅ローン利用者編”の結果を発表。調査時期は18年10月3~11日、18年4~9月までに民間賃貸住宅ローンを借り入れした全国の20~60歳未満の人にインターネット調査を実施した。有効回答件数は1,500件。
 金利タイプ別利用状況は、「変動型」の利用割合は57.0%(前回調査(17年4月調査)比0.5ポイント増)と増加し、「全期間固定型」も17.7%(同4.4ポイント増)と増加。一方、「固定期間選択型」は25.3%(同4.8ポイント減)と減少した。
 今後1年間の住宅金利見通しについては、全体では「現状よりも上昇する」が41.7%(同12.6ポイント増)と増加。「ほとんど変わらない」が49.2%(同9.8ポイント減)、「現状よりも低下する」が1.7%(同1.4ポイント減)、「見当がつかない」が7.3%(同1.6ポイント減)。
 住宅ローンを選んだ決め手(フラット35以外の利用者)は、「金利が低い」が76.2%と圧倒的多数でトップに。次いで、「団体信用生命保険の充実」が20.2%、「住宅販売事業者(営業マン等)の勧め」が19.6%の順となった。

投稿日:2018/11/29