[不動産ニュース]新築戸建て、平均成約価格は再びプラス/アットホーム(株) | 横浜市都筑区周辺の不動産をお探しなら大健商事株式会社にお任せ下さい。

大健商事株式会社

営業時間9:00~18:00 定休日毎週水曜日及び第3木曜日

[不動産ニュース]新築戸建て、平均成約価格は再びプラス/アットホーム(株)

不動産情報サービスのアットホーム(株)は30日、同社ネットワークにおける、2018年9月の首都圏新築戸建てと中古(既存)マンションの登録・成約価格データを公表した。
 新築戸建ての登録価格は、首都圏平均で1戸当たり3,616万円(前月比2.3%上昇)と、再びプラスとなった。前年同月比も4.2%上昇し、13ヵ月連続のプラス。
 成約価格は3,555万円(同2.6%上昇)と再びプラスに。東京23区は5,257万円(同3.3%増)、東京都下は3,729万円(同1.1%増)、神奈川県は3,702万円(同2.3%増)、埼玉県は3,045万円(同0.1%減)、千葉県は2,794万円(同変化なし)となった。東京23区では、高額物件の多い城南エリアの成約割合が上昇した一方、リーズナブルな物件の多い城東エリアの成約割合が低下したことで、3ヵ月連続で上昇した。
 登録価格指数は103.5(同2.4ポイント上昇)。成約価格指数は100.4(同2.5ポイント上昇)と、再びプラスとなり4ヵ月ぶりに100を超えた。もっとも、全体の成約価格指数は15ヵ月連続で登録価格指数を下回っており、需給のズレが生じていることが分かる。
 既存マンションの登録価格は、首都圏平均で1戸当たり2,619万円(同6.8%下落)、前年同月比も2.4%下落し、再びマイナスとなった。

投稿日:2018/10/30